こんにちは、ミヤザトです。

石垣島は今日も暑いです

最近の記事の出だしはいつも「暑い」から始まっているような・・・

でもホントに暑いんです

太陽の光が肌に刺さるように痛むんですから。

石垣島の紫外線は夏で本土の2倍

冬では5倍近くもあるそうです

シミやそばかす、皮膚ガンなどの引き金になる

紫外線は人間には大迷惑です。

ところがこの紫外線、アセロラにとっては

一つの栄養みたいなもので、強ければ強いほど

ある成分が活性化するそうなんです

その成分とはポリフェノール

ご存知の方もいらっしゃると思いますが

アセロラには天然ビタミンCの他にも

天然ポリフェノールが含まれていることが

近年の研究で分かっています。

天然ポリフェノールはその種類だけでも何千種類とあります。

ある施設の研究によるとアセロラには

ブドウやイチゴに含まれるシアニジン配糖体

イモ類に多く含まれるペラルゴニジン配糖体

たまねぎに含まれるケルチセン配糖体

以上の3種類のポリフェノールが含まれているそうです。

ポリフェノールには人体に色々な効果がありますが、中でも

活性酸素の抑制効果 ・抗酸化作用 ・がん予防などなど

これってビタミンCにも同じ働きがあるんです。

と、いうことはアセロラにはビタミンCと

ポリフェノールのダブルの効き目が

沖縄県出身のアセロラ大使、プロゴルファーの宮里藍さんが

言うように、アセロラはまさにスーパーフルーツなのです




こんにちは、フクモトです。

なにげに立ち寄った書店でこんな本を見つけました。

PA0_0001.jpg


即、買いです!!



「三番町ごきげんクリニック」院長【澤登雅一】先生の著書で、がん治療に併用して「ビタミンC大量点滴治療」を取り入れたという内容です。

ガン治療(抗がん剤・放射線)は、ガン細胞に効果があるのですが、また正常で健康な細胞にもダメージをあたえてしまうそうです。

そのため、嘔吐や脱毛といった副作用がキツく、食欲が減退し、栄養が不足し、つねに倦怠感がつきまとうそうです。


しかし、ガン治療と併用して、ビタミンCを点滴により大量に投与すると、抗がん剤や放射線のダメージから健康な細胞を守ってくれるそうです。

そうすると、副作用が軽くなり、食欲が湧き、しっかり栄養が取れるようになりますから、どんどん元気になって来るそうです。

しかも、ビタミンCは、ガン細胞だけを殺す働きもあるそうなので、ガン治療には最適だとおっしゃってます。

またガン治療後にも、ビタミンC点滴を続けることにより、合併症や再発防止効果もあり、精神的に楽になるそうです。

実例や、患者さんの声も掲載しており、その効果はかなり注目されているそうです。



この本を読んで、


あらためて、「ビタミンC」の素晴らしさを実感しました。

内容の一部に、当時の医学会でビタミンCの効果はあまり期待できないと軽視されていたそうですが、その効能を信じて臨床試験に取り組み、そして、その働きを証明された医師がいたそうです。

その功績はまさに偉大です。

ボクは、ガンを患ったことはありませんが、その苦しみは、想像を絶するものだと思います。

しかし、このビタミンCの治療法がもっと日本に普及してくれたら、助かる患者さんも多いはずです。

「ビタミンC」が1人でも多くの患者さんを救ってくれることを願います。


こんにちは、フクモトです。


尻尾(しっぽ)。



私達人間の先祖には尻尾が生えていたそうです。
しかし、2足歩行をする際に、邪魔になったので退化したそうです。
「尾てい骨」がその名残だとか。

まぁ、よく聞く話ですね。



では、これは知ってますか?



「人間の先祖はビタミンCを体内で作れた」



身体に必須な栄養素「ビタミンC」

たいていの動物は体内でビタミンCを作れるそうですが、人間、サル、ゴリラ、モルモットや
オオコウモリなどのごく一部の動物だけが作れないそうです。

ヤギなんて一日に体内で6000mg~12000mgのビタミンCを作るそうですよ。
だから、そういう動物はあまり病気をしないそうです。
かかったとしても、ビタミンCの合成量を増やして対処するんだとか。


なんとも素晴らしい能力ですね!!


しかし、なぜ人間は?


何百年前、人間の先祖にもビタミンCを作る能力があったと考えられていますが、果物などビタミンCの豊富な地域にいたので、自らビタミンCを作る必要がなく、進化の過程で能力を失ったという説があるそうです。(特殊なウィルスに感染して失った説も)

尾てい骨が尻尾の名残のように、その痕跡も残っているんだとか。

人はストレスをうけた際に肝臓が何の意味のない働きをするそうです。
それは、ビタミンCを作ろうとする反応だと言われていて、結局、何かの酵素が足りないかなにかで、
作れないんですって。

もったいないですね・・・


でも、もし人間がビタミンCを作れるとしたら・・・



僕らの仕事、なくなっちゃいますね(笑)






お・ま・け
100423_0914~01
一生懸命、ブログを書いているミヤザトです。

コレを見て、彼が一番おどろくはず♪
こんにちは、フクモトです。

ますは、これを見てください。

100329_0943~01

これ、缶ウーロン茶の成分表です。

その中に、「ビタミンC」が入っているのがわかりますね。

「お!じゃあ、身体にいいんだ♪」

ではないですよ~。

これ、人工の「合成ビタミンC」です。

ウーロン茶を長持ちさせるために食品添加物として入っています。

ビタミンCは酸化しやすい性質のため、自分が酸化することにより、ウーロン茶の酸化を防止し、長持ちさせるという仕組みです。

なので栄養的価値はまったくありません!!

むしろ悪い研究結果が報告されています。

「合成ビタミンC」は、酸化する際に「活性酸素」を発生させるのだそうです。


えっ、なにそれ…!?


と、思われた方へ。

「活性酸素」とは、非常に身体に悪いものです。

人間の細胞を酸化(サビさせる)させ、正常な働きを奪い、悪い作用を及ばせます。

たとえば、シミやシワなどのほか、ガン、動脈硬化、糖尿病、老人性痴呆、白内障といった大変な病気の引き金にもなるそうです。


怖いですね…


しかも!!

その「活性酸素」を発生させるのは、合成ビタミンCの酸化反応だけではないんです。

○ストレス
○紫外線
○たばこ
○排気ガス  など…

さて…どうやって活性酸素から身体を守りましょうか…
なにか活性酸素を除去してくれるモノってないものですかね…


それが、あるんです♪

その名は「天然ビタミンC」


野菜や果物に含まれる「天然ビタミンC」には、抗酸化作用があり、活性酸素を除去し、免疫力を向上させる働きがあるのです。

早い話、天然ビタミンCをたっぷり摂ればいいんです。


その目的にピッタリなのが、当社製品「アセロラ100%」

天然ビタミンCを豊富に含むアセロラだけを贅沢に搾り、パックにつめた製品です。
そのビタミンC量、なんと1400mg!!
レモン72個分(レモン果汁)の天然ビタミンCが含まれています。


健康管理にぜひどうぞ♪


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

こんにちは、ミヤザトです。

今日の石垣島は。風も強くて少し肌寒く感じます。


突然ですが皆さん、「天然ビタミンC」と「合成ビタミンC」との違いを知っていますか?

ご存知のように天然のビタミンCは野菜や果物から摂取する事ができ、
また、合成されたビタミンCはサプリメントなどの健康食品から摂取できます。

同じビタミンCだから一緒じゃないの?と思うかもしれません。
ところがビタミンCは、天然と合成では違う顔をもっているんです。
科学的な成分は同じですが、体内での働きは大きく異なります。

全ての合成ビタミンとは一概にいえませんが、
中には石油から出来ているものや
ジャガイモやとうもろこしの糖分からビタミンCを合成させてるもの。

本当に体にいい物なの?と疑いたくなるような物がたくさんあります。

確かに安価で気軽に摂取できるサプリメントなどはとても魅力的です。
ですが、それといった効果がないばかりか、
逆に健康を損なってしまっては何も意味がありませんよね。

天然と合成の違い、それはまた後ほど詳しく書いていこうと思います。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)情報へ
にほんブログ村