こんにちは、フクモトです。


気がつけば、10月も下旬とさしかかり、すでに秋真っ盛りというのに・・・
石垣島、まだセミが鳴いています(笑) 気温も平均30℃ありますから、まだまだ暑いです・・・

さて、秋にちなみまして。
みなさん、どんな秋をお過ごしでしょうか。

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋など、いろいろありますけど。
ボクのオススメ、「読書の秋」なんていかがでしょうか。


というのも、最近読んだ面白い本があったので紹介しますね♪

コレです!!



「陸王(りくおう)」です。

作者は、あの「半沢直樹」、「下町ロケット」でおなじみの”池井戸潤”さん。


物語の主人公は、100年も続く老舗の”足袋(たび)屋”の〇代目の社長さん。
時代の変化とともに足袋の需要が減ってゆき、業績は右肩下がり。
このジリ貧の状態から脱却すべく、新規事業を手掛けるのです。

それは、「ランニングシューズ」づくり。

足袋のノウハウを生かして、足に優しいランニングシューズのブランドを確立すべく立ち上がるのです。
当然やすやすと事は運ばず、”走る”という行為からの研究からはじめ、素材、耐久性、価格など、さまざまな問題が立ちはだかるのですが、人と人との縁や、家族の助けなど得て、あきらめずに力戦奮闘を繰り返す・・・


と、まぁ、こんな感じのストーリーです。
この本、間違いなくドラマ化されますね、宣言しましょう(笑)

いや~しかし、この池井戸潤さんの作品は、仕事に情熱を燃やすサラリーマンや職人さんを描くのが、すごくイイですよね。
読んでいて、モチベーションをもらうというか、自分も仕事を頑張ろうという気持ちにさせられます。


少々、仕事に疲れているとき、ヤル気が起こらない時に、ぜひ読んでいただきたい作品です。


よーし!! 僕も明日から、バリバリ働くぞぉ~!!



あ、明日休みだ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングがアップ♪
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック