こんにちは、フクモトです。


自称、「健康診断の優等生」のボク。
健康に関しては何の心配もいらない生活を送っていましたが・・・

今年の健康診断。
なんと重大な反応が出てしまったのです・・・


「便潜血陽性」


尾籠な話で失礼しますが、要はウ〇チに血が確認されたという事です。
よくこの症状を「痔(じ)」と勝手に判断して、放っておく方が多いらしいのですが、なんと!大腸ガンの恐れもあるとか・・・
と、いうことで、「大腸内視鏡検査」を受けることになりました。

20170827153553.png


二ヶ月待って、ようやく検査日。多いんですね、この検査受ける人。


まず、午前中は腸の中をキレイにするために下剤を飲みます。
その量、なんと2リットル。
写真 2018-04-09 9 01 51

トイレを往復し、下剤を半分飲み終える頃には、もうウ〇チなんてありません。
どーっと水分しか出てきません。これで準備OKだそうです。

そして、いざ病院へ。

さらなる前準備を終え、ようやく診察台に上りました。
不安と、恐怖にかられながら・・・


いざカメラ挿入!!


少々痛みをこらえ、お腹にムズムズと違和感を感じながらも、カメラはグイグイ進みます。


そしてモニターに映し出される自分の大腸。


「オー・・・ファンタスティック・・・」


いや、ふざけていませんよ、本当にそう思いましたから!!
だって、自分の内臓なんてリアルタイムで見たことありませんからね。幻想的な感じがしてもおかしくありませんよ・・・


そんな不思議な気持ちで見入っていると、「うん、大丈夫ですね~」とお医者さん。
一気に現実に戻され、あふれてくる安堵感。
いや~、何事もなくよかった、よかった♪


健康であることに感謝と、過信は禁物だということと、内臓は魅力的だということをを学んだ検査でした。





コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック